業種別使用例 医療分野

医療分野のISDN終息に向けた問題をDataway NEXTが解決!

ISDN終息に伴い回線切り替え工事が集中する為このような問題が予測されます

  • ISDN回線の新規契約ができなくなり、現状のサービスが提供できなくなります
  • ISDN回線が廃止になると、レセプト電算処理が出来なくなる為、業務に支障が出ることが予測されます
  • ISDN回線廃止時期まで待つと、市場にはまだ約400万回線残っているため、工事が集中し、回線切り替えが間に合わず業務に支障が出ることが予測されます
  • レセプト電算システム以外にも、各種申請書などのシステムが有る為、 業務に支障が出ることが予測されます (例:給付管理票情報、受給者異動連絡情報)

お客さまの声

  • レセプトの電算化を検討しているけどISDN回線は引きたくない
  • レセコンが有る為に、ISDN回線が残っているけど光回線にまとめられないか?
  • すでに、光回線が入っているけどその回線を利用してレセプト電算化できないの?
  • レセコン(オンライン接続用パソコン)をそのまま、ご利用いただけます!
  • レセコン(オンライン接続用パソコン)を
    光回線【フレッツ 光ネクストor ライト】へ変更が可能!
  • 今から回線を光回線に集約して、月々の回線コストを33%削減!

レセプト電算処理システムイメージ図

現在使用しているレセプト電算処理システムでNTTさま提供のISDN回線をフレッツ光ネクスト+ひかり電話に切り替え、Dataway NEXTを事業者側、利用者側に各1台置く事で、既存のレセプト電算処理システムをそのまま使う事ができるようになります。

現状の接続図

接続図

Dataway NEXT使用例

接続図

※事業者側(サーバー側)がINS64を1回線ないしは、複数回線でキャリアを構成する場合には、 Dataway NEXTをINS64の回線数だけ導入する事でシステム構築が可能です

費用について

現在すでに、NTTさまの光回線Bフレッツをご利用中のお客さまが、フレッツ光ネクスト(ライト)に切り替えた場合の初期費用を算出しております。

費用について
初期費用
回線費用(回線タイプ変更費用) 契約費 ¥840
工事費 ¥2,100
ハード費用(Dataway NEXT:100台以上ロット) 機器費 ¥50,000
合計   ¥52,940

※弊社調べによります。詳細は、NTTさまHPをご参照ください。

※新規のフレッツ 光ネクスト導入時に、工事費24,000円がかかります。詳細は、NTTさま料金をご参照願います。Dataway NEXTに接続されるISDN機器が相手先電話番号通知を必要とする場合は、別途ナンバーディスプレイの契約400円が必要になります。

料金比較

ISDN回線をフレッツ 光ライトに置き換えるケース!

新規でISDN回線を契約するよりも、フレッツ光ライトを契約した方が月々のランニングコストを抑えることができます。

イメージ図
  • 月額比較 ▼
  • 費用対効果 ▼
  • 3年間の比較 ▼

※弊社調べによります。詳細は、NTTさまHPをご参照ください。

ISDN回線とフレッツ 光ネクストをフレッツ 光ネクストにまとめたケース!

レセコンのためだけにISDN回線を残すよりも、フレッツ光ネクストで1元化した方がランニングコストを抑えることができます。

イメージ図
  • 月額比較 ▼
  • 費用対効果 ▼
  • 3年間の比較 ▼

※弊社調べによります。詳細は、NTTさまHPをご参照ください。

お客さま導入シミュレーション

イラスト

某医療施設

端末台数
100台
回線種別
ISDN×100回線
通信費
約100万円

INS64をフレッツ 光ライトに変更した場合

年間2226000円おトク!

お客さまへのメリット

Dataway Nextを導入することで、光回線1本にすることができ、経費削減に繋がります。

Data way NEXT DWN-INS-100/DWN-INS-101 製品情報はこちら

他の業種の使用例を見る

  • 飲食業・専門店のお客さま
  • 警備警送業界のお客さま
  • 医療分野のお客さま
  • ビル業界のお客さま